ガバナー公式訪問要領

  1. 訪問方式

    公式訪問は単独クラブ訪問とします。訪問時は、ガバナー補佐、地区幹事又は担当副幹事の3~4名が訪問します。

    なお、新型コロナの感染状況により、実際の訪問に代えてオンライン等のバーチャルで行う場合もあります。

  2. 公式訪問前のクラブ協議会

    公式訪問2週間前までに、ガバナー補佐が所管のクラブを訪問し、クラブ役員との協議会を実施します。協議会では、各クラブの現状や課題、地区運営に関する要望等について協議し、その結果を公式訪問実施までにガバナー事務所に報告をお願いいたします。

    なお、新型コロナの感染状況により、このクラブ協議会をオンラインミーティングで行うこともあります。

  3. 公式訪問の進め方

    ⑴ クラブ役員らとの懇談会

    例会開始前1時間半前より1時間程度、会長、幹事、会長エレクトらのクラブ役員に加え、新会員を交えて懇談会を実施します。会員増強やクラブ運営について、会員の参加を促す工夫や企画、各種の寄付と奉仕プロジェクトの実施、ロータリーの認知活動等に加え、ロータリーの価値等について懇談します。

    ⑵ 例会

    ガバナースピーチに25分程度の時間を頂くようお願いします。また、プロジェクターやスクリーンのご用意をお願いします。

  4. その他

    各クラブは現況報告書(5部)を8月31日までにガバナー事務所に提出して下さい。9月10日以前に訪問が予定されているクラブは仮の報告書で結構ですから、訪問2週間前までに提出して下さい。