沼田中央ロータリークラブ

会長挨拶

2021-2022年度 クラブ運営方針

沼田中央ロータリークラブ 会長

会長 本山 佳宏

ロータリーを学び 楽しみ 奉仕を通じて社会を照らそう


沼田中央ロータリークラブ
会長  本山 佳宏


 シェカール・メータRI会長のテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」です。どのような困難な状況であっても私たちロータリーが奉仕団体であるというDNAを忘れず、社会や世界を変革する奉仕活動を展開させようと力強く呼びかけています。
 足立進2840地区ガバナーのスローガンは「奉仕の理念を掲げ、新たな旅に出よう」です。ロータリーは時代の変化を嫌うのではなく、革新性を身につけ変化に対応力を高め、住みなれた日常から一歩前に出る勇気と実践が必要になると述べています。
 世界中が新型ウイルスの脅威にさらされているこのような時期だからこそ、新しい奉仕のあり方を考え、助けを必要としている人々に私たちが今出来る事から奉仕を実践する事が大切だと考えます。
 沼田中央ロータリーの歌の一節に「仲間同士の笑顔と笑顔 共に過ごそうこの一刻を  奉仕の理想を学ぼうよ」とあります。私たちは素晴らしい仲間の集まりです。例会や奉仕活動を通して皆で友情を深め、楽しく魅力あるクラブ作りに励みましょう!
 本年度は会員増強と公共イメージの向上を重点目標とします。会員一丸となって取り組みましょう!
 会員皆様のご協力を仰ぎながら、36年目を迎えた沼田中央ロータリークラブの更なる発展に努める所存でございます。どうぞ一年間よろしくお願い致します。