会長挨拶

国際ロータリー第2840地区
前橋南ロータリークラブ
2016-2017年度会長
中島 博

会長の方針  “Enjoy Rotary”

 国際ロータリー2016~17年度 ジョン・ジャーム会長は「人類に奉仕するロータリー」という年次テーマを掲げ、「ロータリーには、世界を変える力がある。私たちが集う一番の理由は、奉仕のためである」と述べています。

これを受けて国際ロータリー第2840地区の豊川一男ガバナーは、「点から面へ さらに世界へ ー広げよう<友情と奉仕の>和・輪ー」というスローガンを提唱しました。

今から112年前、たった5人から始まったロータリーは、現在、200以上の国と地域に120万人以上の会員を擁する大きな組織となりました。しかし、その歴史は必ずしも平坦なものではなく、退会していった者も数多くいるし、ロータリー自身も大きな変革を遂げて今日に至っています。

ロータリーが100年以上も続き、世界有数の大きな団体になったのは、ロータリーには何らかの普遍的な価値があり、真理を体現しているからでしょう。間違ったもの、意味のないものは、決して生き残らないものです。
私は、今年度のクラブテーマとして“Enjoy Rotary”「ロータリーを楽しもう」という標語を掲げさせて頂きました。ロータリーをEnjoyするためには、ロータリーを良く知ることが必要です。

野球やゴルフなどのスポーツにしても、ルールを知らなければ楽しむことはできません。
私たちが、決して少なくない会費を負担し、ロータリー活動に多くの時間を費やすのはどうしてでしょう?
一緒に学び、考え、ロータリーを楽しみましょう!
具体的な活動方針は次の通りです。

【今年度の方針】

  1. 様々なプログラムを実施して、ロータリーを楽しみましょう。
  2. 例会を充実させて、満足度の高いクラブにしましょう。
  3. 受け身ではなく、積極的に活動しましょう。
  4. ロータリーを深く学びましょう。
  5. 地区で一番の出席率をめざしましょう。
  6. 中期的に会員数50名を実現するため、知り合いを誘いましょう。
    今年度40名を目標にしたいと考えていますので、皆さまのご協力をお願い申し上げます。