■ 富岡RC創立40周年記念・記念事業報告
 
富岡ロータリークラブ
広報委員長 雨宮 肇
  

   1963年、高崎ロータリークラブをスポンサーとして創立させて頂きました富岡ロータリークラブも、幾多の紆余曲折を繰り返しながら、ここに40周年という歴史をきざむことが出来ました。
 2003年5月11日の母の日に、記念式典並びに記念祝賀会が出来ましたことは、ロータリアンとして忘れ得ない一日になったと思います。
 わけても矢野亨ガバナーには、心あたたまるご祝辞を賜り、親睦と奉仕を強く根付かせて頂きました。

 母の日の母の愛情のように、富岡クラブを見守って下さっておりますご来賓の皆様方、それに加え、2840地区から290名におよぶ親愛なるロータリアンの皆様方のご参加を得て、盛大に、そして厳粛に行事が進みましたことは友情の深さであり、各クラブとの絆の深さと思います。
 この40周年の記念事業としまして、公立富岡総合病院の北門に、「さくらみち」と名付け、八重桜18本の植樹を行いました。この「さくらみち」は富岡ロータリークラブの記念碑として石に刻み、永遠に多くの住民、そして総合病院の患者さんの心の癒しになろうかと思います。

 富岡ロータリークラブは益々気力の充実をはかりながら、50周年に向けて、奉仕の理想を鼓吹していきたいと思います。