富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス

第30回例会 会員卓話 横尾 健司 君

2021.02.24

 「 品質にまつわる国際基準と顧客対応 」    横尾 健司君
030224001
世界中で同じ品質,同じレベルの物を提供しましょう,という国際的な規格をISO規格といいます。 その中には,製品そのものを対象としたもので,身近な物では 非常口のマークとか各種カード 
免許証等のサイズとかネジ類です。又製品そのものではく,品質活動,環境活動を管理するための
仕組み,(マネジメントシステム)等があり今回はマネジメントシステムについてお話させていただきます。
マネジメントシステムとは,運用するのは個人ではなくて<組織>です。<組織>とは二人以上の集まりの
ことを指し,会社に限らず,地方自治体や学校,病院なども含まれます。
社員が増えると,社長1人で全体を管理するのは不可能になります。
そこで,会社としてルールを作り,それを皆で守ることで会社を運営していくことになります。
この会社を運営する為のルールが規定や手順です。これを実際に運営する為の責任,権限の体系です。
言い換えれば<目標達成のために組織を適切に管理する仕組み>のことであります。
その規格の種類はお配りの資料をご覧ください。又その各規格には要求事項と呼ばれる基準が定められ
ており, 認証機関は,組織がこの基準を満たしているかを審査し,満たしていれば,認証証明書(登録証)を
発行し,社会一般に公開します。その結果,組織は社会的信頼を得ることができます。
日本国内には約50社の認証機関があり190ヶ国以上で約120万組織がISO9001認証を
取得しております。もちろん私の会社も取得しておりますし,皆様の中でも取得された会社もあるでしょう。
その効果や顧客対応についてはお手元の資料をご覧下さい。
付録として私が海外赴任(台湾,米国)特に米国で経験したことをお話いたします。米国は日本
と違って他国籍民の集まりであり,合衆国として一つにまとめるのに大変で,日本との文化の違い
を痛切に感じました。その一つとして資料の最後に子供が小学校等で意味も分からず毎日唱和
している言葉を紹介して卓話を終わります。ご清聴ありがとうございました。