富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス

22018-2019年度 第45回例会 令和元年6月12日 会員卓話「国際大会に参加して」一ノ瀬 忠雄君

2019.07.08

会員卓話  「国際大会に参加して」  一ノ瀬 忠雄君

タイトルなし

1 タイトルなし1

国際大会に参加したご報告
 私はロータリークラブに入会して1年たっていないため、国際大会がどういう物かよくわかっていませんでしたが、
下仁田で行われた移動例会に向かう電車の中で佐藤さんに誘われて、一度は行ってみたいドイツでしたので、参加することになりました。結果として、佐藤さん、小林さん、横尾さんとご一緒出来大変有意義な旅になりました。
大会はドイツ ハンブルグで行われました。国際大会は午前午後に分けて開催されていました。
大会の内容は又の機会として、私たちは日本のブースなどを尋ねて、各国のロータリアンとバッジ交換してきました。
大変楽しく素晴らしい雰囲気でした。
今日は大会後に訪れた場所をご紹介したいと思います。
ドイツは隣国との国境がないため、自由で開かれた雰囲気があり、国際交流が盛んなのだと思いました。
ホテルに泊まった時に付近を歩いてみましたが、日没が遅いこともあり、
大勢の人が広い道路に椅子を持ち出してのんびり夕食をとったりしていました。
ドイツに行って日本との違いに驚いたことがあります。
ドイツの市庁舎は大変古いものを改修して使用していて、市民が集まる広い広場が必ずあり、
道路は行者天国になっていました。
 ポツダム、ベルリンも尋ねました、ポツダム会談をした場所や、ベルリンの街並みを見学しました。
落ち着いた雰囲気のいい場所です。
過去の不幸な出来事を忘れないように一部ベルリンの壁が保存されていますが、
いろいろな絵が描いてあり、明るい感じになっていて、昔の雰囲気はなかったです。
ほかにもところどころに戦争の面影のあるものが保存されています。
     
皆様お疲れさまでした。一ノ瀬さん卓話ありがとうございました。