富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス

第14回例会 会長卓話 「正義とは」 岩瀬克巳会長

2018.10.18

正義とは

1 人の道にかなっていて正しい
こと。
「正義を貫く」「正義の味方」
2 正しい意義。また、正しい解釈。
「四書正義」

3 人間の社会行動の評価基準で、
c1
今回は「正義」と言う題でお話を致します。
古代ギリシャ、ローマ時代には正義とは「各人に各人の分を」という簡潔な言葉で表現され現在の百科辞典では「人の道にかなっていて正しい事。人間の社会行動の評価基準で、その違反に対して厳格な制裁を伴う規範。人間の行為を正しい、正しくないというように判断する為の基準が正義である。」等々と書かれております。
今も昔も人間社会では自分の正義の正当性を主張せざるを得ず、国内紛争,しいては世界紛争を引き起こしてしまう。皆それぞれに正義を持っていて通常ではぶつからないが時として正義対正義の衝突が起きてしまう。
世の中で騒がれているパワハラ問題。
指導者、上司、先輩、親、妻,夫 様々な立場で自分の正義を主張ばかりしていると当然、衝突が起きてしまう。スポーツ関係でも連日のようにセクハラ、パワハラの騒ぎが発生しています。指導者のパワハラについて考えれば昔から熱血指導者という言葉があり良い意味で自分を犠牲にしてでもという意味と悪く捕らえれば正にパワハラとなってしまう。パワハラとなれば誰からと無く(本人も含め)訴えられてしまう。日常でも熱くなり自分の正義《主張)を貫こうとすれば必然と衝突が起きてくる。この主張の按排を皆さんは心得ていらっしゃると思いますが、私自身 肝に銘じて他人の正義も認めながら生活して参りたいと考えております。