富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス

第35回例会 卓話「プロフェッションについて」 橋本 邦雄君

2018.05.14

橋本さん新1

年で90歳となり、体の何処も悪いところはありません、まだまだ元気です。取り柄は入れ歯(義歯)が一本も無い事です。32本全部自分のものです。(笑)
プロフェッションとは,西欧で,神父(宗教家)・医師・法律家(弁護士)の3つを指し,「人のために尽くすよう天地神明に誓うことが求められる専門職」という意味の言葉です。 語源は,PROFESS(=神の前で告白する・誓う)。

日本では、神社の社(やしろ)には、神体としての証しである注連縄が飾られている。 神社神道の神社も元は、神籬・磐座の場所に建立された場合があり、長い歴史をもつ神社では、本殿がなく山や丘や神木がご神体(諏訪神社、大神神社)であったり、子宝・子作り信仰の強い土地では、子孫繁栄の象徴としての男根が神体でもある。
アメリカの野球選手で活躍するスター選手を称える言葉で、プロフェッショナルベースボールなんて使われることがあるが、その使い方は間違いであります。
日本でも、政府、官僚、国会議員もこの言葉を使いますが意味不明としか言えません。
正しく言葉を使ってもらいたいものだ!