富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2021.02.24

 「 品質にまつわる国際基準と顧客対応 」    横尾 健司君
030224001
世界中で同じ品質,同じレベルの物を提供しましょう,という国際的な規格をISO規格といいます。 その中には,製品そのものを対象としたもので,身近な物では 非常口のマークとか各種カード 
免許証等のサイズとかネジ類です。又製品そのものではく,品質活動,環境活動を管理するための
仕組み,(マネジメントシステム)等があり今回はマネジメントシステムについてお話させていただきます。
マネジメントシステムとは,運用するのは個人ではなくて<組織>です。<組織>とは二人以上の集まりの
ことを指し,会社に限らず,地方自治体や学校,病院なども含まれます。
社員が増えると,社長1人で全体を管理するのは不可能になります。
そこで,会社としてルールを作り,それを皆で守ることで会社を運営していくことになります。
この会社を運営する為のルールが規定や手順です。これを実際に運営する為の責任,権限の体系です。
言い換えれば<目標達成のために組織を適切に管理する仕組み>のことであります。
その規格の種類はお配りの資料をご覧ください。又その各規格には要求事項と呼ばれる基準が定められ
ており, 認証機関は,組織がこの基準を満たしているかを審査し,満たしていれば,認証証明書(登録証)を
発行し,社会一般に公開します。その結果,組織は社会的信頼を得ることができます。
日本国内には約50社の認証機関があり190ヶ国以上で約120万組織がISO9001認証を
取得しております。もちろん私の会社も取得しておりますし,皆様の中でも取得された会社もあるでしょう。
その効果や顧客対応についてはお手元の資料をご覧下さい。
付録として私が海外赴任(台湾,米国)特に米国で経験したことをお話いたします。米国は日本
と違って他国籍民の集まりであり,合衆国として一つにまとめるのに大変で,日本との文化の違い
を痛切に感じました。その一つとして資料の最後に子供が小学校等で意味も分からず毎日唱和
している言葉を紹介して卓話を終わります。ご清聴ありがとうございました。

 

2021.02.17

 マルチプル・ポールハリスフェロー 受賞 おめでとうございます
030217001
2月17日例会にて高齢者疑似体験装置贈呈式参加の件
体験装置実装時の感想報告が湯井会長エレクトより有りました。

高齢者疑似体験装置を装着して実体験中の
湯井君と岩瀬君 (於:下仁田町役場)
030217002030217003

2021.02.10

『 食と生活と健康について 』       一ノ瀬 忠雄 君
030210001
0302100002
1)私たちの住む富岡市での食への取り組みについての解説
富岡市食育推進計画
平成20年度より12月策定計画実施開始
食をめぐる問題
近年、社会経済情勢が目まぐるしく変化する中で日々生活に追われ、食の大切さに対する意識が
希薄になり健全な食生活が、失われつつあります。
食に関する情報も氾濫し、正しい情報を適切に選別、活用する事が困難な状況です。
栄養面や食事摂取状況をみると、脂質の過剰摂取野菜の摂取不足等の栄養の偏り、食習慣の乱れ
食事形態の変化による孤食(1人で食べる)・個食(1人1人別々のものを食べる)等の増加が問題になっています。
さらに、肥満生活習慣病の増加、 過度のやせ等の問題も指摘されています。
食育の取り組み
上記の種々の食に関する問題に対し、家庭、学校、地域・生産者と消費者等において食育の推進
を進め食文化の継承や、安全性やその他食生活に関する研究調査情報等の提供を実施している。
上記の具体的な取り組み組織として『富岡市食育委員会』の活動紹介
食育講座の開催
食のボランティア活動に取り組んでいる皆さんの協力で年3回開催
地元の食材60%以上を使った郷土料理と伝統料理として発表会開催
『お富ちゃん食育カルタ』を作成、カルタ大会等を通して食育を推進
カルタ製作には、691人からの応募有り44句を選定
野菜のファイトケミカルスープの紹介
免疫力向上には、野菜果物のファイトケミカル(色・香り・苦み・辛み)の摂取がとても重要です。

2021.02.03

ビックさん卓話「持続可能な観光~留学生から見たおもてなし~」
030203001

 皆さん、こんにちは。2月は例会で何を発表するか悩んでました。
NRI学生小論文コンテストで入賞を 頂いたことを発表します。どうぞ聞いてください。
日本のサービスで海外と最も違うところは接客の点です。「お客様は神様」という日本では
丁寧な接客を受けられます。日本では当然ですが、私たち外国人にとっては素晴らしい文
化です。例えば、ホテルのインターンシップの経験より帰る際にスタッフから深くおじぎして
もらうことがあります。また、アルバイト先の焼き肉店では肉の焼き方や焼いてもらうことも
あります。今から見せる動画はコンビニの動画です。日本の方はすごく丁寧な敬語を使い
ます。外国は会計してお金を渡すだけです。日本は接客態度が悪いとすぐに問題になりま
す。日本の「おもてなし文化」は素晴らしく、自分の国では受けられないという外国人は多
い。そのため、やりすぎではないかと感じることもあります。お客様の立場からは素晴らしい
が、従業員の立場ではマニュアル通りであり、一致していないところもあります。
ミャンマーやベトナムでは日本に比べるとサービス料は含まれており、日本は含まれてま
せん。本来含まれるべきではないでしょうか。
「相手の立場に立ち、相手に合わせて気配りすること」が本来重要なのではないでしょうか。
おしぼりの配布も日本は無料で、ベトナムでは有料です。
ご清聴、ありがとうございました。