富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2021.01.27

「 私の人生に影響を与えた人 」    卓話  茂木 龍治 君
0127

 前年度,最後の会長卓話で人との出会いについて,話させてもらいましたが,今日は          
そのパート2として,私に少なからず影響を与えてくれた人のことを話します。     
 その一人Aさんのことは,私が子供のころから,名前や世間の噂程度の事は知ってい     
た程度で,私とは住む世界が別で将来的にも友人関係になるとは思ってもみなかった。     
皆様の中にもAさんを知っている方がいらっしゃると思いますが,どちらかといえば,良く     
ない印象をお持ちの方が,大半だと思います。     
一言でいうならば,遊び人,〇〇の放蕩息子,というのが巷での評判でした。そんなAさ
んとの付き合いは,私が30歳の頃,知人の紹介で,名刺を交換したのが始まりでした。
初対面にもかかわらず<妙に馴れ馴れしい人>というのが,私の第一印象むでした。
その後Aさんから積極的なアプローチがあり,10年ほど付き合いが続く事になりました。
私はAさんより6歳若くほぼ100%誘われる側で,私から誘ったことは一度もなかった
です。Aさんは話題が豊富で,話が上手く,どんな場でもムードを盛り上げ,いつも皆(スナ
ックの女の子やコンパニオン)を楽しませてくれました。又,Aさんは歌が大好きで,その
歌唱力は玄人はだしだった。二人の活動の場は自ずからカラオケスナックでした。私も
歌は好きだったので,それなりに楽しんではいましたが,自分から進んで歌うタイプではあ
りませんでした。それでもいつも何曲もうたわされました。「プロはそんなに何曲も歌わな
いものだ,前座が歌ったあと2~3曲歌えば充分だ」とうのがAさんの自論でした。余談
ですが,実際にAさんはかつて{富岡ブルース?}という曲名のレコードを出したことがあ
りその作詩は湯井 重子さんです。Aさんとお付き合いを始めて数年過ぎた頃,「龍ちゃん
彼女いるの」と聞かれ「いない」と答えたら,「俺は30歳過ぎた頃,このままでは一生結婚
できないと,焦りを感じたけどな」と言われ,少なからず衝撃を受けたことを覚えています。
男は結婚して家庭を持ってやっと一人前。ましてや経営者が嫁をもらえないんじゃいつ
までたっても経営者として半人前だということだった。私は当時,結婚する気もなかった
し,焦ってもなく,急に結婚しなきゃいけないのかなと思うようになった。それから間もなく,
Aさんの設営による,ある飲み会に参加し現在の妻との出会いに繋がっていく。人生に
おいて生涯の伴侶を得るということは多くのひとにとって大きな出来事だろう。もしAさ
んがいなかったら妻とは出会っていなかったし,今でも独身だったかもしれない。出会い
の場を作ってくれたAさんに感謝しているのはもちろんですが,それだけでは結婚まで
発展したかは分からないない。もう一つ条件が加わり,結婚へと進むことになりました。
実は妻は私が以前よりお世話になっていたBさんの身内だったのです。最初のデートの
時にそのことを知らされ,これから彼女と付き合うなら結婚を前提にしたものでなければ
ならない。そう心に決めて結婚へとひたすら邁進し,1年後にめでたくゴールインするこ
とが出来ました。私の結婚はAさん,Bさんとの良好な関係があったことで成り立ったも
ので,お二人が私の人生に大きな影響を与えてくれたことは間違いありません。
これからも人との出会いを大事にし,良い関係を築けるよう心掛けたいと思います。
Aさんは残念ながら23年前に47歳という若さで他界されましたが, Bさんとは
今でもお世話になっている,村上 明男さんです。感謝してます。
    
    
    
    

2021.01.20

  「              」     卓話    村上 明男 君   
0120
今日予定の新年会が,コロナ禍で中止になって急に私の卓話になったので,
演題は「  」で,農業を始めた話をします。
23年前に隣の畑の購入の話があり,躊躇せず返事をしてしまい,買うことにな
ったのですが,農地で買えず,知人に頼んで宅地並みの高い価格で購入しました。
5年間は耕作しなくてはならない条件がついていたので,農業を始めました。
最初は雑草と雑木の退治に,夏は午前4時ころから人力で苦労して耕作できる
畑に450坪仕上げました。最初にダイコンを作ったら2600本も出来て処分に困り
近所や知人に配りましたが,最後はくろちゃんという更生施設にあげて喜ばれました。
その後は,試行錯誤しながら春はジャガイモと玉ねぎ,秋から冬は白菜を主に耕作してお
ります。ジャガイモと玉ねぎは近くのこども園に収穫体験に来てもらい喜ばれています。
残ったジャガイモと玉ねぎは仲間で食します。特に碓井君の作った肉じゃがは絶品です。
白菜について詳しく話します。8月のお盆ころ種をまき秋に畑に植え付け,手作業でハシ
を使い虫を一匹づつ取り,農薬は一切使用せず,初冬に収穫します。とても手間のかかる
作業です。去年は種を約1000粒まき,苗を作り,植え替えて約700個ほど白菜ができ
ました。2年前からその白菜を使い,RCの仲間と田篠のキムチ家ハニル(社員の奥様)
の協力でキムチ作りを始めて好評です。去年は約150kgの白菜を2日間かけて作り
ました。残った白菜を自宅で塩漬けに挑戦してみましたが,夜中に上下ひっくり返す作業
で重しを床に落として壊してしまい,エミちゃんに怒られて,RCの松本さんに修復してもら
いました。
 最後に自宅の玄関の木に,綺麗な鳥が止まってとてもかわいいので大事にしてたら,
エミちゃんからフンの掃除がたいへんだから,鳥が来ないように枝を切ってくれと言われ
たのですが,私には鳥がかわいくて切れません。誰かエミちゃんを説得してください。
ご清聴ありがとうございました。これで「  」の卓話終了いたします。

 

2021.01.13

『障がいのある子を我が子に持って、今思う事』  卓話  大井 恵美子様
0113
新井様よりご紹介頂きました、大井と申します。私の長男は、先天性の障害を持って生まれてきました。
今まで語りつくせない程の悩み、悲しみ、喜びがありました。今息子は、28歳になります。家族内で話し合い
苦渋の選択でしたが、息子は施設に入所し生活をしております。今現在、福祉サービスも充実し、富岡市に
支援学校、小、中、高等学校ができ、親の負担も学童期においては、だいぶ軽減されたことでしょう。しかし
学校卒業後が長く大変なのです。国は、入所施設を増やすことなく減らす方向で、障害を持っていても、
住み 慣れた地域で生活を・・・という方針で進めています。
とても良い事だと思いますが、果たして親の負担は、どうでしょうか?
福祉サービスに満足しているでしょうか?
入所施設の代わりにグループホームがたくさんでき ていますが、重度の利用者はなかなか受け入れて
もらえず、入所施設も何年も待機で、さらに希望の施設に入る事は難しい現状です。
親は、常にわが子のことで悩み、心配は尽きません。当然ながら、親は子供より先に
歳を取ります。親亡き後の事は、最大の悩みではないでしょうか?そんな親たちの心の拠り所として、
富岡市に『手をつなぐ育成会』が有ります。会員数は、年々少なくなっておりますが、
会の活動では、バス旅行、新年会家族教室等諸々、地域で頑張っている親御さんや楽しみにしている
子供たちの為に、この行事は続けて行きたいと思っています。ロータリーの皆様のお力添え頂けましたら
幸いです。また近年、自然災害が多発し避難所へ避難ということが増えています。
 障害を持った人たち、特に重度な知的障害の人には、大変難しい事なのです。
こんな障害者の為の避難所を考えて頂けましたらと思っています。
障害をもった子の母親が思うこと『子供より1日でも長生きしたい』そんな思いをなくし安心して子供を
任せられる社会、富岡市になってほしいと願っています。

2021.01.06

卓話 会長の日 小林京子会長
01060106-02
会長卓話)2020年はコロナコロナだったので何があったのか重大ニュースをまとめまし
た。1位はコロナ感染症拡大(4月7日から緊急事態宣言が発令され、マスク不足、3密
回避等の言葉が生まれた)、2位は東京オリ・パラリンピックの延期、3位は菅首相の
誕生、4位は安倍首相の退任、5位は九州豪雨の発生、6位は全国小中学校休校、
7位は甲子園春夏中止、8位は鬼滅の刃のヒット、9位はレジ袋有料化、10位は藤井
聡太さん最年少での8段昇進です。皆さんの重大ニュースは何でしたか?

ビックさんコメント)去年4月から加入しもうすぐ1年になります。村上さんの農園での
キムチ作り、野球観戦、夜間例会、クリスマス会など1年間良い思い出が出来ました。
明日から1都3県に緊急事態宣言が発令されますが、皆さんは自分自身と家族を守り
ながら健やかにお過ごしください。