富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2020.01.21

会長の日  卓話「2020年はどんな一年になる?」 茂木龍治会長

無題24-1
今日はある新聞の連載記事を紹介させていただきます。読者の質問・相談に関して美輪明宏さんが答える『美輪の色メガネ』というコーナーです。2020年の過ごし方について、美輪さんの独断と偏見で言いたいことを言っているのですが、私は「幸せいっぱいの人は、恵まれない人たちにできる限りお裾分けすること」という部分がロータリー活動に通ずると感じ気に入ったためご紹介いたしました。お裾分けといっても個人で実践するのは簡単ではありません。ロータリアンだからこそできる、とも言えるでしょう。お裾分けの心を大切に、今年もロータリアンとして活動していきましょう。また、加えて1点ご報告があります。12月24日に車椅子対応の福祉車両を1台、富岡ロータリークラブから富岡市へ寄贈させていただきました。お礼状と上毛新聞の記事を回覧いたします。

「美輪の色メガネ」より ※一部抜粋
Q:会社員 56歳
 令和になって初めてのお正月。2020年はどんな一年になるのでしょうか?
新しい時代の過ごし方を教えてください。

A:美輪明宏
 年が改まると、気分一新、嫌なことは忘れ、全て良い方へ向かうのではないか、と期待する気持ちはわかります。しかし、残念ながら現実はそうはいきません。新年になるということは、ただ数字が加算されるだけ。時間は棒のようにつながっているのです。
 昨年は天皇陛下のご即位やラグビー日本代表の活躍など、めでたいニュースもありました。一方、地球上には食べ物どころか飲み水にも困っている人々が大勢います。私たちの周りには必要以上の物や情報があふれる時代となりましたが、食欲・物欲・性欲などの本能のまま享楽にふけっていると「好事魔多し」のことわざ通り、天罰ともいえる大きな災いがおきることがあります。

<美輪流 2020年の過ごし方>
 ・幸せいっぱいの人は、恵まれない人たちにできる限りおすそ分けすること。 
  それが予期せぬ難から身を守る方法である。
 ・何事も腹六分にしておくこと。そうすれば健康で大過なく過ごせる。
 ・「もう少し給料を上げてくれ?」それぐらいの不満があるほうがちょうどいい。
  今年もお仕事頑張りましょう。

ニュンちゃん ウィリアム君 例会にようこそ!

24-2
お正月は岩瀬さんに富士山へ連れて行ってもらいました。
夜は岩瀬さんご家族とお食事し、とても楽しく過ごせました。

24-3
ホストファミリーと横浜へ行きました。
中華街など、楽しかったです。この前加藤さんのお家に引越ししました。

<小林京子カウンセラーからのお願い>
24-4
ウィリアム君は今月から約3か月間、加藤君宅でのホームステイとなり、その後は榎本君宅へ移ります。お子さんを派遣していた山田さん宅とは環境が変わり、ウィリアム君を受入れる両ご家族の負担も大きくなるので、皆さんでサポートしていきましょう。
特に、ウィリアム君は雪を見たことがないそうなので、スキー場へ連れて行っていただける方がいたら嬉しいです。よろしくお願いします。

今 月 の お 祝 い 事     皆さんおめでとうございます
24-5
会 員 誕 生 日

24-6 24-7
配 偶 者 誕 生 日                   結 婚 記 念 日

   福 祉 車 両 贈 呈 式     令和元年12月24日    富岡市役所行政棟玄関前

24-8
12月24日(火)11:00~富岡市役所に於いて、会長・幹事・財団(未来の夢計画)委員会の出席のもと、福祉車両贈呈式が行われました。
これは、ロータリー財団地区補助金事業でもあり、また当クラブの重点継続事業として定められた「障がい者支援事業」の一環でもあります。
皆様、ご協力ありがとうございました。

 

2020.01.14

 ク リ ス マ ス   家 族 会

23-1 23-2 23-3
23-4 23-5 23-6 23-7 23-8
23-9 23-10 23-11 23-12 23-13 23-14 23-15 23-16 23-17 23-18 23-19 23-20 23-21 23-22 23-23 23-24 23-25 23-26 23-27 23-28 23-29 23-30 23-31 23-32 23-33 23-34 23-35 23-36 23-37 23-38 23-39 

2020.01.14

会長の日 卓話  これからのロータリーを考える  茂木龍治会長

22-1

これからのロータリーを考える

富岡R.Cが誕生して60年が経とうとしている。当時は東京オリンピックを控え、日本が高度経済成長を始めた活気にあふれていた時期である。多くの組合や団体ができ始めたのもこのころだ。それら組合などが現在、解散や休眠に追い込まれている。商工会議所の会員が減少しているのだから自然の流れだと思う。
ロータリ-クラブも例外ではなく全国的に会員数の減少が続いている。歴代のガバナ-が会員増強を目標に掲げているが、都市部のクラブを除いては会員を増やすことは容易ではない。富岡R.Cの会員数も私が入会した21年前、62名だったのが現在は47名。24%の減少である。
要因としては、新入会員が少ないことと、退会者のご子息および後継者の入会が少ないことがあげられる。特に後者の要因が問題であると思う。仮に半数の方が入会していれば、60名以上の会員が維持できている計算である。ゼロから新会員を探すよりも効率が良いはずだが現実はそうではない。ロ-タリ-が理解されていないからなのだろうが、ほかにも理由があるのではないか?思い当たるのは「ロ-タリ-どころじゃないよ!」という何人かの退会者の言葉である。ロ-タリ-活動は負担が大きいということだろう。
今後、会員を増やしていくためには、会員の負担を軽減していく必要があると思う。今の日本はかつてのような裕福な国ではなくなっているのである。
会員減少が続くとどうなるか?会費収入が減りクラブの運営が難しくなる。もちろん、ロ-タリ-活動に支障が生じ、最悪、クラブの解散ということになる。かつて2840地区では、水上R.Cが解散に追い込まれている。最終的には会員が5人位だったと記憶している。
会員数の少ないクラブというと、第6分区には20人以下のクラブが3クラブある。たまたま先週行われた、会長・幹事会において、ちょっと驚くべき話を聞いた。
まずは藤岡北R.Cの現会長が、次年度も会長を続投するとのことである。この方は、ロータリ-歴5年未満、年齢70代半ば。二度の脳梗塞を患いリハビリ中の身で、車の運転もままならない方である。また、藤岡南R.Cの次年度の会長は、まだ入会していない入会予定者だとのことである。
富岡R.Cでは考えられないことだろう。どちらもクラブ運営ための苦肉の策なのだと思う。
富岡R.Cは次年度会長が小林京子君、その次が湯井知昭君に決まっている。これまでは比較的すんなり会長が決まってきたと思うが10年後を考えたらどうだろう?このまま会員増強が進まない場合、藤岡北、藤岡南のような対応をせざるを得なくなるのかもしれない。
今後、ロ-タリ-歴が浅く若い会員が会長になる流れになっていくと思われる。現役で仕事に従事しながら会長を務めることは大変だろう。例会、地区行事等、率先して参加することが求められる。しかし、時には例会を休まざるを得なかったり、主に土日開催の地区行事も仕事優先で参加できないことも想定する必要がある。当然、クラブ全体でのフォロー体制が必要になる。
会員のロータリ-に対する考え方はそれぞれであり、クラブとしてはその多様性を尊重しつつ活動をしていかなくてはならない。今までのやり方が通用しなくなったら失敗を恐れず、思い切って変えてみるしかない。今までがこうだったから…というような前例主義に縛られていたらロ-タリ-クラブの未来は見えてこない。
 最後に、富岡R.Cが早めに対処しなければならない問題がある。2021~2022年度にガバナ-補佐を出すことになっていることだ。ガバナ-補佐は各分区内で持ち回りで選出されてきた。次年度、第6分区では富岡かぶらR.Cから新井喜之君の就任が決まったが、その次は富岡R.Cから選出しなければならない。第6分区は8クラブあるので8年に一度、順番が回って来ることになる。富岡R.Cでは前回、荻野勝美君に務めてもらっている。ガバナー補佐というのは、大変な職務で、分区内の各クラブを年間、三度ほど訪問してガバナ-とクラブとのパイプ役を務めなくてはならない。
富岡かぶらR.Cでは、ギリギリまで決まらなかったと聞いている。富岡R.Cもすんなりと決まればいいが、進んで受けてくれる人がいるかどうか心配である。直前にドタバタすることのないよう、なるべく早めに候補者を絞っておく必要があると思う。特に先輩パスト会長の方々には前向きにに考えて頂きたい。

SAA委員長 横尾繁子君
22-2  22-3
本日は、くじ引きによる指定席にしました。外国では、健康ブームで日本食が見直されています。その日本食にこんにゃくも入っていまして、こんにゃくスパゲティーみたいなものが人気があります。板こんにゃくよりしらたきのような麺類のほうが料理しやすいのでしょうね!12月は飲む機会が多いので、お腹が膨らまないようにこんにゃくを食べてください。
今日のラッキィー賞は12番横尾健司君、11番高橋満君です。おめでとうございました。

今月のお祝い事  おめでとうございます。 
22-4
会 員 誕 生 日

委 嘱 状 授 与
22-7
湯井知昭君が2019-20年度2840地区の米山奨学生選考委員に委嘱されました。

令和元年度  年次総会  開催
22-5
小林京子会長エレクトの議長により、2020~21小林年度クラブ役員・理事・会計監査候補者の指名案が会員全員の承認をいただききました。皆様のご活躍をご期待申し上げます

2020.01.14

卓話  ヨーロッパの禅  峯岸 正典君

今日は、クラブ会員の峯岸正典君より、ビデオを見ながらヨーロッパの曹洞禅について詳しくお話しして頂きました。ありがとうございました。峯岸正典君の今後のご活躍をお祈り申し上げます。

ニュンちゃん ウィリアム君 例会にようこそ!

21-1
先週の日曜日、米山奨学生のイベントに参加しました。
観音山でバーベキューとゲームをしてとても楽しかったです。岩瀬さんに送ってもらいましたが、参加者全員が米山奨学生でしたので岩瀬さんは参加せずに帰りました。送ってもらったのに参加できずすみませんでした。
ニュンちゃんは今日12/4たんじょうびです。

21-2
皆さんこんにちは。
東京に私のホストファミリーさんと行きました。お台場と浅草に行きました。刀を買いました。富岡のお祭りがありました。それはとても楽しかった。軽井沢に行きました。りんご,そば、もちを食べました。美味しかったです。
(先週話した山は軽井沢だったようです。)

今月のお祝い事   皆さんおめでとうございます❕

21-3
会 員 誕 生 日   岩井久典君 岩瀬克巳君は還暦です

21-4
会 員 誕 生 日   岩井久典君 岩瀬克巳君は還暦です