富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2019.04.03

♯会長の日卓話  「#念願の出雲大社」  岩瀬克巳会長
a1
念願の出雲大社参拝と冬の日本海の食材を食べに北陸に行ってきました。
2月15日からの連休を利用して女房と2人で北陸に行ってきました。昔から出雲大社には行ってみたかったので、祈祷もしていただきました。1時間に1回の祈祷なので本殿での待ち時間の間、参拝の皆さんが私たちにお参りしていただいているようで神様になったようでした。
祈祷は若い宮司さんだったのですが、妙義神社の工藤宮司の息子さんも行っている様なのでもしかしたらと思っています。
参拝者は群馬県からの方が非常に多く約3割の方が群馬県人でした。
出雲大社の参拝方式は2礼2拍手1礼ではなくて2礼4拍手1礼だそうです。5月14日は2礼8拍手1礼が正式な参拝方式だそうです。また大きなしめ縄が有名ですが本殿のしめ縄よりも隣にある結婚式場のしめ縄の方が大きく意外でした。
近くの稲佐の浜に大きな岩があります。八百万の神様が降りてくる場所でそこから出雲大社に案内しているそうです。
そこから見る日本海のもきれいでした。その後旅館に行ったのですが、話をした仲居さんはまだ一度も行ったことがないそうです。どこでもそんな物なのですかね。
タイトルなa2
タンタンさん、これからも頑張ってください。湯井君お疲れ様でした。

2019.04.03

第32回例会 富岡3ロータリークラブ合同夜間例会 平成31年3月5日(火)
 「#比国育英会バギオ基金」について  斉藤 実様 ・ 白崎邦彦様
z1z2タイトルなz3タイトルなしタイトルなしz4z4タイトルなしz5タイトルなz5z5タイトルなしz6z7z6

2019.04.02

#会員卓話 「#群馬中小企業家同友会・・・てなに」 田村徳良君

群馬中小企業家同友会
副代表幹事・富岡支部支部長
株式会社サンテックス 代表取締役

タイトルなし1タイトルなし2

群馬中小企業家同友会についてですが、2年ほど前に富岡支部が発足して現在8支部があります。富岡支部には当クラブから湯井君、湯浅君、岩井君が入会しています。
入会資格は資本金1億円以下、1人から100人程度の社員がいる中小企業で、一部上場企業は入れません。いろいろなことを勉強している学びの会と言うことができると思います。
私が富岡支部を立ち上げたときに皆さんに言ったことは、私の知っている会社は潰れてほしくない、私と一緒に活動している人には潰れてほしくないということです。同友会に入っていると会社は潰れないというジンクスがありますが、それなりの活動ができているからだと思います。
富岡には約2300の会社があり、同友会は現在29社の入会です。まだまだ知名度がありませんが、他県では4パーセントの入会実績があるところが多いので、組織率4パーセントを目指しています。
自分が同友会に入ったきっかけは、平成20年リーマンショックの時仕事がなくなり、自己資本比率がマイナス16パーセントになったことです。それから色々なことがありましたが、この会に入ったおかげで自己資本比率は30パーセントまでになったと思っています。この会に入っていなかったら今日の卓話もしていないと言うことだと思います。最近では製造業の新米社長さんの例があります。会社規模は10人程度、以前から入会していたがほぼ幽霊会員だったのですが、息子さんから仕事楽しいのと聞かれたことがきっかけで、積極的に出席することになリました。そのおかげできつい顔をしていたのが最近は吹っ切れて楽しく仕事ができていると言っています。昨晩も一緒に飲んでいました。
これからも頑張りますので、ご入会もお願いいたします。

タイトルなし3
ビジター紹介
東京王子ロータリークラブ
松下真理さん