富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2018.11.11

新会員卓話   「ソフトテニスと私」  廣澤英樹君
1
スポーツをいろいろやっています、その中でソフトテニスは競技、指導者として現在も関わっています。
ソフトテニスは競技人口60万人います、中学校の部活動では338,000人の競技人口があり1番です。
高校では野球が多くソフトテニスは84,000人になってしまいますが
硬式を合わせたテニスの競技人口は今でも1番多いです。
 私の競技歴は中学からの15年間です、その後の指導歴は西中で8年ほどありますので
合計20年になります。
中学2年で町民大会優勝、3年では甘楽郡で優勝して県大会に出場しました。
高校時代は指導者がいなかったので自分たちで工夫しながら練習していましたが、
残念ながらもう一歩のところで関東大会、インターハイは出場できませんでした。
      卓話ありがとうございました。
新会員入会式    ご入会おめでとうございます
2
高橋 満君 
  群馬銀行富岡支店 支店長

高崎高校野球部出身、現在も野球に携わっています。

富岡ロータリークラブ野球部に頼もしい戦力が加わってくれるとうれしいです。    
よろしくお願いいたします。

2018.11.03

富岡どんと祭り風船無料配布
10/20 皆様お疲れ様でした。
大勢の子供たちが喜んでくれました。

(どんと祭りでクラブ作製の
 風船を無料配布しました)
s1s8s3s5s2s9s6s7s11s12s13s14

2018.11.02

2018~2019年度    第15回例会      平成30年10月17日
卓話  「米山月間に因んで」  湯井知昭米山奨学委員長

日本のロータリアンの夢・・・1952年に米山基金事業構想「平和日本」を
世界へ、日本の友人を増やし平和を実践する人材
を育てる。
 米山奨学事業とは・・・日本で学ぶ留学生を支援、日本のロータリー独自の
事業、世話クラブ・カウンセラー制度による深い交流
 使命・・・将来、日本と世界を結ぶ懸け橋となって国際社会で活躍し、
ロータリー運動のよき理解者になる人材を育成すること
d1
ロータリーでは世界各国から奨学生を受け入れていて、中国が最も多いが今年はベトナムが
2番目に多くなっている。富岡ロータリーでは現在までに9人の奨学生を受け入れていて、今年はベトナムからの留学生、ヴーティ タンタンさんを受け入れています。奨学生、学友の人たちは就職する最初の企業が日本であっても将来は自国に帰りたいと思っている人が多いように思う。タンタンさんも前橋のIT企業に就職が決まっているが、将来はベトナムに帰りたいそうです。タンタンさんの近況は積極的に行事に参加していて、最近のバーベキューでは人のために良く動いていて感心しました。富岡祭りの風船配りにも参加してくれるということです。11月には卓話を予定させていただきます。クリスマス会、キムチの会にも参加してくれるようです。残り半分になってしまいましたが、これからもよろしくお願い致します。また米山奨学会寄附金のご協力もよろしくお願い致します。
オブザーバー 横尾健司様 高橋 満様
d3d2