富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2017.11.15

五十嵐さん

信用組合は、19世紀中ごろドイツに誕生、世界で信用組合の数・利用者割合が最も多いのは意外にもアメリカ、実に約6000もの組合が有り全金融機関の半数を占めている。日本でも1838年大原幽学の指導の基組合員出資土地からの収益で農民を救済、また二宮尊徳も使用人や武士たちを助ける為に創設された。信用組合は、生活者・中小企業者が相互扶助の精神のもと、共同で設立した、金融機関です。
信用組合は、組合員特性によって、大きく3つに分けられる。
地域信用組合 信用組合の営業エリアに住んでいる方、事業を営む方を組合員とする
業域信用組合 同じ事業を営む方を組合員とする信用組合
職域信用組合 同じ職場にお勤めのみなさんを組合員とする信用組合
信用組合は、利益を追求することを目的とした金融機関ではなく発展に貢献することを目的とした金融機関である。

2017.11.15

村上さん2

中国にて、良い人材を求め面接を行ってきました。
人材で失敗したくない企業のために、適性検査を
行っています。
技能検査を見てみるとスピードが速い人、丁寧な
人、遅くて雑な人、様々いる中で日本で働くにふさ
わしい人材を選びます。

話は変わりますが中国の今の現状をお伝えします。
写真を見てもらうと分かりますが、ホテルなどは
とても綺麗ですが、部屋の中や見えない部分などを
チェックしてみると日本人には考えられない程に
雑なので、「う~ん?」って感じです!

2017.11.15

大塚会長茂木会長倉持会長

大懇親会
懇親会1ガバナー懇親会2懇親会2懇親会4

2017.11.15

税務署長
宮城県出身の私がご縁を頂き富岡市の税務署長として赴任したので両地域の懸け橋になれるような活動を進めて行きたいと考えています。今回、私の実体験である東日本震災の状況等を含めお話を進めたい。震災発生後の津波により非常に多くの人命が奪われました。私の知人の方も忘れ物を自宅に取りに行き命を落とされた方もいらっしゃいます。緊急時には、『命』 を守る行動が必要と考えます。震災後緊急での立法対応の中、国税職員として被災者に寄り添う中、地元の皆さんから『ご苦労様、皆さんも大変だね』とお声掛けいただいたのは大変印象深い出来ごとでした。最後に、『日々に当たり前に過ごせる』のは、大変ありがたいと思います。