富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2017.04.26

宮林様01
浄土宗災害対策事務局長  宮林 雄彦 様
テーマ:自利利他のこころ ~災害を通して感じる絆~
 本日は、横浜ロータリークラブのメンバーでもあります宮林様にお越しいただきました。
ここ10数年に台風・地震・竜巻・集中豪雨などで、災害救助法の適用や激甚災害指定となった災害が7回起きています。今後想定されている南海トラフなどの巨大地震発生確率は、50年以内に90%以上、30年以内に60~70%と内閣府は発表しています。今後起こりうる災害を防ぐことは不可能です。しかし、災害発生時の被害を軽減すること、すなわち減災はできます。そのためには、普段からの心構えと、いざというときの準備について説明させていただきます。準備、備蓄するものは様々ありますが①身の安全を確保したら、すぐに水の確保をする。②非常持出し品はコンパクトに。③必要なものの順位を決めて準備する。☆家族の安否確認など、NTT災害用伝言ダイヤル「171」は覚えておくと役立ちます。

奉仕の原点→愛と慈悲(キリスト教=愛の宗教、仏教=慈悲の宗教)
慈悲=佛そのもの「①自分が、②誰かに、③どれだけ」のことを意識しないもの⇒
つまり自然無縁の慈しみ=自然の摂理=おかげ
おかげさまの心(お陰さま)
神さまや仏さまから、目には見えないお守りをいただいている。
・自然や、周りの人々からのご縁によって日々の生活は支えられてる。 ・その場だけでなく、目にすることの出来ない方にも感謝する言葉。
自利利他とは?
すべての人々を救う事を目的にする大乗仏教の根幹であり、他者に対する慈悲を重視し、悟りに到達しようとする宗教的実践 ⇒自分が利益(りやく)を得られるのは、他人の利益があってこそということ。
おわりに
実際に災害が発生した際に、身を守り、皆で助け合って災害からの復旧・復興を進めていく必要があります。そのためには普段からの心構えと準備が必要です。ご清聴してくださった皆様の防災・減災への意識と家族や友人・地域社会との絆を深めるための一助となれば幸いです。

5月7日(日)に富岡倶楽部に於いて富岡RCがホストと
なり開催された「第6分区親睦ゴルフ大会」が、お天気に
も恵まれ無事終了致しました。(総勢64名)

団体優勝 富岡かぶらRC、準優勝 安中RC、
        第3位 富岡RC、
個人優勝 田村徳良君、準優勝 岩瀬克巳君
6分区ゴルフ優勝準優勝

2017.04.19

0419会長
卓話 会長の日 篠原 昇 君
15日(土)と16日(日)と地区大会の受付担当を依頼されて大変な思いをしましたが、多くの人に手伝っていただき無事にすみました。ありがとうございました。色々な問題点がありましたが・・・もう忘れます(苦笑)4月は別れと出逢いの季節。長い間、一緒だった学友との別れがやはり一番でしょうか?しかし、又、新しい学友や新しい職場の仲間との出逢いが人生の中で最も大切な時期にもなる季節です。私にも、そんな時を越えて50年以上も続く大切な友人が沢山います。
良き友、良き酒と中々いいものですよね!

地区大会報告
当クラブは、受付委員会として、前日には配布する資料の袋詰め、仕分け作業。当日は受付担当としてフル回転で全面協力いたしました。湯井幹事、岩瀬君、伊藤君をはじめ、メンバーの皆様のご協力、誠に有り難うございました。
地区01地区02地区03

2017.04.12

富岡税務署長  田中 正治 様
卓話 「富岡甘楽の発展と御寺院」

1401
本日の卓話は、田中税務署長より寺院巡りや由来する歴史が趣味であるお話をしていただきました。
そんなお寺、寺院などの周りの駐車場や交通整備も税金が関係しているお話しですが、
この国に仏教が伝来説から様々な宗教の登場や富岡甘楽の各寺院の開山、
宗派と由来など現在に至る富岡甘楽の発展にかかわる寺院のとても興味深いお話を頂きました。

会長エレクト研修セミナー
修了書の授与
大塚 美知子会長エレクト
1402
ロータリー日本財団より
マルチプル・ポールハリス・フェローの表彰品の授与
  峯岸 正典君
1403
ロータリー米山記念奨学会より
世話クラブの委嘱状と
カウンセラーの委嘱状の授与
     加藤 精亮君
1404

2017.04.05

観桜夜間例会
ときわ荘様にて開催されました。春を感じる美味しいお料理と、 美味しいお酒で
桜を眺めて会話の花が咲き、楽しい時間を過ごしました。
410<412<411<

414413415416
417418419420
421422423424