富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2015.12.16

 例年より多くの出席を頂き盛大に開催されました。
アトラクションは堀内実智代さんのジャズライブ、子どもたちも加わり盛り上がりました。
抽選会の景品や子どもたちへのプレゼントありがとうございました。
親睦活動委員会の皆様に感謝 !!

23-1 23-2
23-3 23-4
23-6 23-5
23-8 23-7
23-11 23-10
23-9 23-14
23-13 23-12
23-16 23-15
23-19 23-18
23-17 23-22
23-21 23-20
23-24 23-23
23-27 23-26
23-25 23-28
23-31 23-30
23-29 23-34
23-33 23-32
23-35 23-38
23-36 23-37

2015.12.09

22-1
【卓話 会長の日】 鈴木 孝幸 会長

『相撲について』
 過日亡くなった北の海理事長は、私と同じ年齢であった。子どものころは遊びのひとつとして相撲をとった。中学は一ノ宮中学校(当時)に通ったが、最後から2番目の卒業生の学年。その時教育実習にきていた学生さんと相撲をとったが、その学生さんが後にお客さんとなった。一番古い相撲の記憶は、柏戸・大鵬時代。柏戸が大変好きであった。小学校2~3年の頃は北の富士・玉の海時代。北の富士は歌も歌っていた、玉の海は横綱になって一年ぐらいで急死してしまった。私が53代目の会長だが、53代目の横綱は琴桜であった。その後、輪島・北の海の時代。輪島は左下手で引きずり下ろす相撲を得意として、黄金の左手とも言われた。後に北の海が現役当時嫌われ役に徹し相撲界を盛り上げることに気を使っていたことを聞いて、北の海を見直したことがあった。次は千代の富士の時代だが、彼は脱臼癖を前に出る相撲で克服をしていた。それから若貴時代、兄弟の若乃花、貴乃花の優勝決定戦は見ごたえがあった。
 現在、3名の横綱は全員モンゴル出身、アマチュア横綱になった日大主将もモンゴル出身。日本人力士の最後の幕内優勝は平成18年(2006年)1月場所で、大関・栃東。成績は14勝1敗でした。
何とか日本人に頑張ってもらい、相撲界を盛り上げてほしい。

22-2
鈴木孝幸会長の開会挨拶により年次総会が開催されました。

議案
2016-17年度 役員・理事 選出の件
議長、篠原昇会長エレクトにより原案の提出・説明があり満場一致で可決承認されました。

2015.12.02

21-1
【卓話】 『マレーシアとペナンについて』
      米山奨学生パン・ジュインさん

 マレーシア:人口約3,000万人、広さ33㎢。多民族国家、マレー系65%、中華系24%、インド系8%。多民族国家のメリットは、小学生からマレー語、英語、中国語が学べバイリンガルになれること。二つ目のメリットは、祝日が多いこと。ペナン:観光地であり、食のパラダイス。価格も安く本場の味を食べることができる。
ジョージタウン:2008年に歴史的な街並みが世界遺産になった。当時はプリンス・オブ・ウェールズ島と呼ばれていたペナン島。ジョージタウンにはその当時の面影が強く残っている。コロニアル調の建物と、マレー、中国、インド式の建物が相交った町並みは、いわば文化・貿易の交流地として栄えた当時を物語っている。
気候は、熱帯に位置するため、年間通じて高温多湿。4・5月と8月~11月は雨が多い。