富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2015.06.24

45-1

【退任挨拶】 小間会長
 会長に就任して、早々の7月に井上さんがお亡くなりになりました。
10月には加藤さんがお亡くなりになり、私の会長年度に、大変偉大な先輩が二人天国にいかれました。お二人には大変、お世話になり、またいろいろとお教え頂き、心から感謝しています。
またロータリー会長として肝心な時に、予定が重なったりもしてしまい、ご迷惑をおかけしたことお詫び致します。
そのような際、いつも佐々木幹事には、助けられて本当に感謝しております。
皆様、1年間有難うございました。

小間会長、お疲れ様でした。

45-2

【退任挨拶】 佐々木幹事
 1年間はあっという間に過ぎてしまったと感じ、それだけ忙しい1年だったのではと思っております。
磯部簗の夜間例会やIHIエアロスペースでの移動例会、下仁田常盤館での移動夜間例会でのすき焼き鍋、また第2840地区ロータリーデーでの実行委員等々、印象に深く残っております。
また、今年度お亡くなりになられた井上さん、加藤さんにロータリーで知り合えたことに本当に感謝しており、お二人からはいろいろと教わることが多かったです。
先日の「さよなら家族会」が私の幹事としての活動のひとつの集大成であったように思います。
本当に勉強になった1年間でした。有難うございました。

佐々木幹事、お疲れ様でした。

45-3 45-4
とみおか夏まつり開催!
小松実行委員長及び高橋運営局長がPRに来ました。
我がクラブも移動例会として夏まつりに参加いたします!
100%出席を目指して盛り上げていきましょう!

開催日時/平成27年7月25日(土)
場所/宮本町駐車場おまつり広場

2015.06.17

小間年度、最後の夜間例会であります「さよなら家族会」を開催しました。
アトラクションにはフラダンス「オヒアレフア」の皆さまをお招きしました。
華麗なるダンスで会場のムードはハワイアン一色!大いに盛り上がり楽しい一夜となりました。
44-1 44-2
44-3 44-5
44-4 44-13
44-7 44-6
44-10 44-9
44-8 44-16
44-15 44-14
44-17 44-18
44-12 44-11
新入会員の大塚功君(左)と原田耕一ご夫妻のご挨拶
44-20 44-19
次年度の伊藤親睦活動委員長、素晴らしい指揮でした。
運営も是非頑張ってください。

2015.06.10

43-1
新会員卓話 「自己紹介とジラソーレの出来るまで」 原田 耕一 君 

6月10日は新会員の原田 耕一君に卓話をいただきました。
ご自身の紹介と現在のお店ができるまでを幼少期の頃からお話し頂きました。
ご出身は富岡市の額部になるそうです。お名前の「耕一」はおじい様が耕運機をみて「一人で何でもこなし、一人で耕し、一人でも生きられることができるように」と名付けられたとのこと。
9歳の頃にお父様の経営されていた会社が倒産し、子供ながらに自分の家の危機を感じ「親を助けたい」との思いで新聞配達を始めたそうです。中学を卒業後は小学生の頃から決意していた料理の道に進まれ、高崎の調理師学校に通いながら住み込みで調理の仕事をされ、その後は東京にも修行に行き、広尾のイタリア人が経営するお店でウェイター兼調理を学ばれたとのことです。この後、先輩が長野県上田市で独立されたのを期に、手伝いで長野に行き当時は珍しかった「地産地消」のレストランでの経験をされたとのこと。また、高崎や沼田でも以前の上司や先輩がお店をオープンさせ、そのお店のお手伝い等もされたそうです。
ただ、その際に大変な苦労をされ、それが独立のきっかけとなり沼田に「ジラソーレ」をオープンさせましたが順調ではなく、思い立ってお生まれになった富岡でお店をオープンされたとのこでした。
おいしいお料理の裏には大変なご努力とご苦労をされたのではと察します。原田さん、これからも地域の皆様においしいお料理のご提供をお願いします。

43-2  43-3
第4回 富岡市国際交流まつり参加! 平成27年6月7日(日)
本年も焼きまんじゅうを販売いたしました。
たくさんの皆さんに喜んでいただきました!おかげさまで大盛況!

2015.06.03

42-1
「会長卓話」 小間 俊明 会長

 6月3日は小間会長の今年度最後の卓話となりました。
「自分の事」と題されて、ご自身の幼少の頃からの暮しぶりをお話し頂きました。小学生の頃は、暮しに余裕があったそうですが、お父様の事業がうまくいかず、年々ご苦労をされたそうです。
就職はお父様の借金のある東京の商社で、廻りの皆様がとても親切で楽しく仕事をされていましたが、お父様から「会社が潰れそうだから、帰ってこい」と半強制的に戻ることになったそうです。
その年の暮れには従業員は全員退職、お父様とお母様と小間会長の3人で事業を再スタートされたそうです。その後は小間会長のアイディアで事業もうまくいき、2年目には創業12年目で初めての黒字経営になり、当時で数千万円もあった借金も最終的に返済されたとのことでした。
小間会長は、このようなご苦労から仲間のロータリアンから「小間さんは話は下手だけど、経営はうまいね」と言われたとのこと。
小間会長、卓話お疲れ様でした。

42-2
深谷ロータリークラブの皆さんがお越しくださいました!

42-4
米山奨学生 パン・ジュインさんへ小間会長より奨学金の授与