富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2015.03.25

34-1

《新会員卓話》 「 加藤金属工業(株)の紹介 」 加藤 精亮 君

 3月25日の例会では、新会員の加藤 精亮君から卓話を頂きました。
ご自身の自己紹介からお話し頂き、代表取締役社長を務められてます加藤金属工業(株)の事業内容をお話し頂きました。

加藤君は大学を卒業後、昭和60年に岩谷産業に入社の後、昭和64年12月に加藤金属工業(株)に入社され、平成23年5月より4代目の社長に就任されたとのことです。
加藤金属工業は加藤君の祖父が個人経営にて加藤金属製造所を立上げられた後、昭和16年には海軍指定監督工場となり社名も弘昌精機製造所とし、軍備品の制作をされていたとのこと。終戦と同時に加藤金属製造所を復元して、眼鏡枠部品の制作に取り組み、昭和29年に加藤金属工業(株)と改称し、これまでの技術力を基盤として、精密部品の製造設備を導入して、ガスライターの内部機構全般の制作を行い、その後、プラチナ万年筆、セーラー、ゼブラ、シャチハタ、コクヨ等のシャープペンシル、ボールペンの完成品をOEM生産されているとのことでした。とりわけシャチハタのネームペンは富岡ロータリークラブ会員の加藤 裕康さんが発案したとのことでした。最近では、九谷焼をグリップに使用したボールペン等も制作しているとのこと。
加藤金属工業(株)の素晴らしいアイディアと高い技術力、詳しくわかりました。

機会がありましたら、工場を見学させて頂きたいです。
卓話、有難うございました。

2015.03.18

33-1

《会員卓話》 「お彼岸の機に・・・」 榎本 義法 君

 3月18日は富岡ロータリークラブ会員の榎本 義法君から「お彼岸の機に・・・」のテーマで卓話をいただきました。
今回で卓話は3回目になるとのことです。
「彼岸」の意味やなぜ春分、秋分の日が「彼岸」になったのか、いつから彼岸会の行事がおこなわれることになったのか等、わかり易くご説明頂いた後、お彼岸の日は「生と死について考える」日としてはどうかとの意見を頂き、フロイトやドラッガーの思想や、死と向き合った歴史上の人物として「夜と霧」の著者、ビクトール・フランクル、「留魂録」の著者、吉田 松陰のお話しをして頂きました。
最後に「死を意識することによって生を輝かせる。どんな言葉でも人生は表現できるものではなくお一人お一人がそれぞれの方法でさらに輝く人生を送って頂ければと思います」とお話し頂きました。

榎本君、本当にいろいろと考えさせられる、いいお話しを有難うございました。
4回目の卓話もお願いします。

33-2 34-2
♪♪♪米山功労賞♪♪♪
第26回米山功労クラブ(富岡RC)
第6回米山功労者 小間 俊明 君
第6回米山功労者 茂木 龍治 君
第4回米山功労者 市川 悦老 君
第1回米山功労者 武部 耕平 君
♪♪ おめでとうございます ♪♪

2015.03.11

32-1

《卓話》 「大空に生きた女性たち」
      パストガバナー 安藤 震太郎 様

 3月11日の卓話は、パストガバナー安藤震太郎様に卓話を頂きました。
「大空に生きた女性たち」というテーマで、日本人で活躍された女性飛行士をわかり易いスライドにてご説明頂きました。
1人目は兵頭 精さん。NHKの連続テレビ小説「雲のじゅうたん」のモデルで、大正時代に活躍された日本人初の女性飛行士とのこと。当時は女性が飛行機を操縦するなど考えられないような時代だったとのことでした。
2人目は西崎 キクさん。安藤さんが一番お話しをしたかった人物とのこと。日本人女性初の水上飛行士で、国際航空連盟から、最もすぐれた飛行士としてあのリンドバーグと同じ、ハーモンド・トロフィーを受賞されたそうです。

安藤様、興味深いお話しを有難うございました。
また、是非、富岡RCにいらしてください。

2015.03.04

31-1

《卓話》 「身近な相続問題について」
      高橋三兄弟弁護士事務所 弁護士 小澤 真吾 様

 3月4日の卓話は弁護士の小澤様から、相続の基礎知識とよくある相続問題についてお話頂きました。
小澤様は、千葉県のご出身ですが、司法修習が前橋市であり、それがきっかけで群馬県でお仕事をされるようになったとのことでした。
最初に相続の基礎知識をわかりやすくお話し頂いた後、実際によくある相続問題の10の相談内容をわかりやすく解説して頂きました。
また、最後に「相続の問題は、生前に準備することで回避できるケースが多いので事前に準備しておくべき」とのアドバイスを頂きました。
小澤様、難しい法律のお話をわかりやすくご説明頂きありがとうございました。

31-2
安中RCから、堀口君と関根君が安中RC創立50周年記念式典のご案内にいらして下さいました。