富岡ロータリークラブ
メイン
トピックス
2017.03.15

藤井支店長
 新会員卓話 
(株)群馬銀行 富岡支店
支店長 藤井 政宏 君
昭和62年(1987年)入行。この3月で丸30年。
八王子・本庄・高崎・宇都宮・伊勢崎・(太田の)宝泉・(本部の)営業総括部・高崎北・本店営業部、そして記念すべき10ヶ店目が富岡支店。初支店長は宝泉支店、銀行年齢40歳。
銀行生活30年の中で特に記憶に残っている2ヶ店の話をします。
1.高崎支店当時、そろそろ「支店長代理」を意識。その時思ったのは部下を持つということ。渉外経験のみで融資経験がなければ部下の相談にものれない。部下の将来をダメにはできない。そこで、係替えを依頼し約半年後、めでたく融資課へ。厳しい日々を2年間過ごしたが、私の融資の基礎を学んだ期間であり、指導していただいた上司・先輩には感謝の気持ちのみです。
2.宇都宮支店当時、当初2年間渉外で「新規開拓のみ」。新規開拓を始めて感じたことは「既存のお客様の有難さ」なぜなら、訪問するとお茶を出していただける。新規先のお客様からすれば「招かざる客」のためお茶を出す必要はなしだからである。苦労したことは、訪問会社の受付の時点で取り合ってもらえないこと。しかし、そんな2年間の経験で計24先の新規先とお取引をすることができ、「色んなことに関心を持ち、勉強し、自分の引き出しを多く持つこと」そして、「何よりお客様を知ること、知るためにはお客様を好きになること、好きになればお客様のためにすること苦にならない」と多くのことを学びました。富岡支店でも勉強させていただいているが、その中でも製造業では、お客様の要求に「できない」という答えがなく、トライを何度でも重ねて要求以上のものを提供するなど、お取引先から学ぶことがまだまだ多いのが現状です。
振り返ると、「100の失敗も1つの成功・喜びで前に進んだ30年」30年経って今改めて思うことは「私は群馬銀行が好きなんだ」ということ。銀行員は技術を持っているわけではなく、最後は「人・人間力」だと思う。そんな、私の使命・課題は「人材育成・部下育成」である。常にこちらが目配り・気配りをし、日々声掛けをしている毎日ですが、いつか彼等も、「銀行員の一番の財産は多くの人と出会えること」と言ってもらえるよう今後も努めていきたいと思います。

ポッポ
来月から北海道へ転勤となる、村上嘉一君よりお土産をいただきました。
ごちそうさまです(^^♪

2017.03.08

橋本さ
新会員卓話  橋本 邦雄 君
建築計画研究所
        シニアアドバイザー・
        芝浦工業大学名誉教授
  「イニシエイション スピーチ」
橋本 邦雄  88歳と3か月  身長146cm(恐縮しすぎて!?背が縮みました)
現・東京品川ロータリークラブ名誉会員
松倉鉱洋君からのお声がけにより富岡RCに入会
生年月日は、徴兵検査を一年遅らせるために12月から1月生まれに変更されて登録、当時、このような計らいは珍しくないそうです。大阪で暮らしていた幼少期、標準語の橋本さんは学校で貴重な存在となり、朝礼で読み聞かせをさせられていました。
あだ名は「江戸っ子あんちゃん」!!と呼ばれていたとか。
芸術大学をご卒業されていますが、19歳での卒業と優秀な記録を修めていたとのこと。
大学の卒業までに戦争が起き、配属先された航空士官学校では若い少年兵のための訓練用に滑走路の絵を描かされたりもしていたそうです。
建築ノーベル学者の世話人や大きな企業のお仕事で、松下幸之助氏、伊藤ハムなどとも関わりがあった等々、当時の貴重なお話を聞かせていただきました。
宮崎菜岩瀬さん
富岡市の誇る郷土野菜 宮崎菜

宮崎地区にしか栽培できない貴重な
野菜、宮崎菜のお漬物を岩瀬君から
いただきました。     
ありがとうございます♪

2017.03.01

会長の日
卓話 会長の日 篠原 昇 君
≪歳時記≫弥生(語源:草木が‘いや生い茂る‘)旧暦、桜月、花月、花見月、梅が盛りになり、菜の花に蝶が舞い、啓蟄で地中から虫が出る。暖地では、桜がほころび始める。「さくら、さくら、弥生の空は見渡す限り・・・」
本日の卓話は、2月14日の「深谷ロータリークラブとの交流会」で訪れた‘渋沢栄一記念館‘や‘尾高惇忠生家訪問‘、そして2月18、19日の「寒ブリ堪能旅」での出来事など楽しいお話をしていただきました。
金華糖白タグ
上写真左:金花糖 (金沢の桃の節句に供える和菓子。鯛などの型に砂糖を流し込んで作る砂糖菓子)
上写真右:富山湾新湊産で取れた上物の本ズワイガニのみ付けられる白タグ(紅ズワイガニは赤タグ)
パンちゃん
米山奨学金授与 パン・ジュインさん
本日が最後の例会参加となりました。体に気をつけて東京での生活がんばってくださいね。
さよなら家族会でまたお会いしましょう~

2017.02.22

瀬下君しののめロゴ
新会員卓話「富岡市における産業の現状」
しののめ信用金庫 会長 瀬下 信 君

1.「富岡市」を取り巻く外部環境について
 〇富岡市の人口推移は、2000年より減少局面となっている。人口減少のスピードも全国を上
回っており、先行きについてもそのトレンドは継続する見通しである。こうしたトレンドに
鑑みると、今後、一段と需要減退(顧客の減少)や供給不足(働き手の減少)が強まる可能
  性が高い。
2.主要産業について
 〇富岡市の基盤活動は「製造業」「医療・福祉」「金融業・保険業」「建設業」「複合サー
  ビス事業」「農林漁業」であり、富岡市の主要となる基盤活動は「製造業」「医療・福
  祉」である。
3.地域の現状について
 〇群馬県と富岡市の所得を比べると、群馬県297万円、富岡市318万円であり、+21万円の格
  差となっている。富岡市における、稼ぐ力が強い産業は、電気機械器具製造業と輸送用機
  械器具製造業となっている。
  ⇒稼ぐ力の定義は、稼ぐ力の高い業種の上位・雇用力の高い業種の上位に共通する業種
4.しののめ信用金庫における主要な地域応援について
 〇「NPO法人富岡製糸場を愛する会」の事務局の運営
 〇世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の保護活動等への寄付(合計で1,500万円)
 〇「富岡製糸場」の保護活動等へ1,000万円寄付
 〇その他、地元経済や文化活動の活性化に向けたさまざまな取組みを行っている。
5.おわりに【データより考えられること】
  ⇒今ある武器(主要産業)を最大限生かした具体的施策案
 〇観光ブランド力の再構築
 〇人口減少局面には、域外市場産業の誘致が有効

2017.02.14

銅像風景
~国際ROTARY創立112年・ROTARYDAY記念~
富岡製糸場が取り持つ縁で結ばれた友好クラブ、深谷RCへ
富岡RCより総勢16名で訪問し、合同例会に参加しました。
例会は3部構成で執り行われ、深谷RCの手厚いおもてなしを
頂きました。また、例会前に深谷の3偉人である渋澤榮一翁
尾高惇忠翁、韮塚直次郎翁のゆかりの地をご案内頂き、
一同大変勉強になりました。深谷RCの皆様大変お世話になりました。

【第1部】記念講演「5代目当主から見た韮塚直次郎雑感」
韮塚さん
講師:韮塚 善重 様(韮塚直次郎の直系5代目)

【第2部】合同例会
持田会長篠原会長深谷訪問
 深谷RC会長 持田 敬太郎 君の点鐘により、例会が始まり、国家斉唱、ロータリソング
奉仕の理想斉唱。そして4つのテストの唱和と、クラブが変われば例会運営にも特色が
あると、実感させられました。

【第3部】親善交流会
富岡RCと深谷RCのメンバーが各テーブルに分かれて交流を深めました。
懇親会01懇親会02
深谷市長深谷市長小島様にもご出席頂いた和気あいあいの交流会。
楽しいひと時は、あっという間に過ぎて

一の締め二の締め三の締め
一の締(深谷RC滝澤パスト会長)二の締(富岡RC小林パスト会長)三の締(深谷RC田部井パスト会長
手に手01手に手02手に手03

2017.02.08

大塚 功君
新会員卓話 大塚 功 君
(株)東和銀行 富岡支店 支店長
本日は、大塚支店長に東和銀行創立100周年を記念しての卓話をしていただきました。
「大生相互銀行時代の朝霞支店に入行しました。出納業務を行っていた時に、東武電車の集金があり硬貨を4,000枚入れた麻袋を作りました。100円で40万円20キロのものが1日10袋くらいできていました。勘定が1円合わないと帰れないこともあり、当時は計算する機械の性能が低位していたことが原因でした。12月の大晦日は12時まで仕事をしていたり、土曜日も半日営業をしていました(伊豆に保養所あり)東和銀行には、各店に厨房があり昼食に賄いがあります。」等々、楽しいお話を有難うございました。

東和銀行
本店:前橋市  従業員:1,400人  店舗数:94店舗
東和銀行 店舗網
群馬県:38店 埼玉県:42店 東京都:8店 栃木県:3店 
インターネット支店:1店 振込専用支店:2店
東和銀行の沿革
大正6年:群馬貯蓄無尽㈱  大正7年:群馬無尽㈱  昭和17年:群馬大生無尽㈱  
昭和24年:大生無尽㈱  昭和26年:㈱大生相互銀行  平成元年: ㈱東和銀行に商号変更
                                   (普通銀行に転換)
※無尽とは・・江戸時代、札差や両替商が大名や武士や豪商に融資をした⇒明治以降メガバンク・地銀
      一方、お百姓さんや長屋に住む庶民も娘の嫁入りなどでまとまったお金が必要
      庶民が少ない金額の掛金を持ち寄り、くじで貸す仕組み⇒無尽講・庶民金融
28年12月期
実質業務純益  79億円(8%)
連結純利益   58億円(▲4%)

長寿企業
創業100年以上の企業は、日本に約26,000社あります。
日本は、世界では考えられないくらいの長寿企業大国であり、世界全体で見ると、創業200年を超えた会社の40~45%が日本に存在しています。
世界一の長寿企業
会社名:株式会社金剛組  所在地:大阪市  業種:建設業  創 立:西暦578年  業歴:1439年
長寿企業には「神棚」がある
数多くの日本型持続可能企業は、神事・祭事・仏事を重要視しています。神棚や御札、時に自社で創った神社には、事業に関わりの深い神様が祀られています。業種によってさまざまな神様が存在しますが、共通するのは、自然や安全など自分で制御しきれないことへの畏怖の念です。

2017.02.01

卓話 会長の日 篠原 昇 君
《本日のネクタイ  若き頃度々裏千家の会議、全国委員会出席の折恩師より頂いた西陣織のネクタイ》
会長の日
2月は梅に代表される季節
県内には、秋間梅林、箕郷梅林、埼玉では越生梅林、茨城には水戸の偕楽園、金沢の兼六園も有名、
加賀百万石で有名な前田家の家紋も梅鉢紋富岡高校も前田家の分家であるので梅鉢紋ですが本家の紋とは少し違うようです。金沢では暮から正月にかけて総ての和菓子屋で「福梅」と言う最中の少し堅めな菓子を作ります。全国的に梅が桜に次いで多いのは、花を見るだけでなく実をとって梅千等戦時の保存食、携行食とし大名、殿様がこぞって植えさせたものです。健康の為にも良いようですので是非、梅を植えて花と実を楽しんでください。

〈2月の歳事記〉
如月 衣を更に着るの意で、寒さのためにまた
衣を重ねる
季語 立春、雨水、早春、春雪〈淡雪〉残雪
〈行事〉
2月1日 山形黒川能 3日節分、本阿弥光悦忌
4日立春  6日札幌雪祭り 7日北方領土の日
11日建国記念の日〈紀元節〉 12日初午
14日バレンタインデー 17日八戸えんぶり 
18日岡山西大寺裸祭り 25日北野天満宮梅花祭

2017.01.25

新春とは申しながらまだまだ厳しい寒さが続いておりますが、多くの会員の皆さまにご参加をいただきました。新会員の須賀桂寿君も加わりまして、美味しいお料理と美味しいお酒で身も心も温まり素敵な時間が過ごせました♪
新年会幹事新年会会長新年会直前会長新年会親睦委員長
新年会001新年会002新年会003新年会004
新年会005新年会006新年会007新年会008
新年会009新年会010新年会011新年会012

2017.01.18

新井様
      卓話 
 NPO法人GSデザイン会議
   首都圏行政研究会
  代表 新井 久敏 様
  市民参加と公共施設
~群馬県内における実践から~
元県職員で建築と確認の仕事を経て、退職後には建築デザイナーのスペシャリストNPO法人を
設立する。先々まで活用して残る施設、まちづくりのお話をして頂きました。
《公共施設で地域をつくる》
ただ建物を造れば良かった時代⇒まちづくりと複合的に考える時代
《主な支援内容》
募集要項作成、審査会開催、公開プレゼンの運営サポート、審査員選定、市民参加による計画策定、
ワークショップの開催など市民主体のまちづくりへ市民が担い手になることで、行政コストの削減に
つながる※参加プロセスに関わることで有効性が発揮される

 【深谷RC来訪】
深谷RC
明けましておめでとうございます
八須信治直前会長、吉田勝敏パスト会長、高丹秀篤幹事が深谷RCとの交流会基調式と新年のご挨拶にお越しいただきました。

2017.01.11

会長の日
卓話 会長の日 篠原 昇 君
       
笹森稲荷神社の年末年始
12月18日宮司、総代、各区からの世話人が集まり大掃除
17日、18日浦安の舞巫子(小学4~6年生)の練習会
28日篠原家の恒例の餅つき「今年は28日です。是非遊びに来て下さい」
30日総代により境内参道にちょうちん、絵馬、神札、お守り売り場二年詣、
初詣の準備
31日炊き上げ、夜23:30本殿で除夜祭をし二年詣りの参拝がはじまる
元旦0:00宮司の太鼓の音を合図に初詣りがはじまる
2日祝詞奏上、巫女による浦安の舞,玉串拝礼、祭礼后、参集殿にて直会
  を行い終了です。
参拝客 笹森稲荷神社 約850人
    貫前神社7~8万人、妙義神社3~4万人、
    中之嶽神社1.5~2万人