会長挨拶 渋川みどりロータリークラブ

「個」の確立、太い絆、そして強い結束 2016-17年度 会長 森田 政樹



森田会長基本方針
会長 森田 政樹

「個」の確立、太い絆、そして強い結束

 渋川みどりロータリークラブは多くのロータリアン、そして地域の皆様方のご理解ご協力をいただき今年度で23年目となります。そしてこの度会長職を拝命することとなりました。どうぞ宜しくお願い致します。
 テーマに掲げさせていただきましたように、会員一人一人が例会の出席率、各種事業への積極的な参加、そして何よりも自分がこの素晴らしい渋川みどりロータリークラブの一員だということを再度自覚いただくことで例会においても事業においてもより活気が出て素晴らしいものが出来上がると思います。
 会員が積極的にロータリー活動へ参加していただくことで結束が強くなり、結果としてより素晴らしい渋川みどりロータリークラブへと飛躍できるのではないかと考えます。
 そうすることで地区スローガンである「点から面へ さらに世界へ」−広げよう<友情と奉仕の>和・輪―、そしてRI会長ジョンF・ジャーム氏の掲げるROTARY SERVING HUMANITY(人類に奉仕するロータリー)へと繋がることと思います。

地区の数値目標を推奨し、下記のとおり寄付目標を設定いたします。

1. 会員増強
純増3名

2. ロータリー財団への寄付目標
年次寄付      会員一人当たり 150ドル以上
ポリオプラス    会員一人当たり 30ドル以上

3.米山奨学会への寄付 会員一人当たり 16,000円以上