国際ロータリー2840地区 桐生南ロータリークラブ

桐生南ロータリークラブイメージ

クラブ概要

創立年月日

1965年10月15日

例会場

美喜仁館 桐生店

例会日時

毎週水曜日 12時30分〜1時30分

事務局

桐生市広沢町1-2752

TEL. 0277-52-5088

FAX. 0277-52-5087

E-Mail minamirc@bz04.plala.or.jp

会長 坂田晴彦

幹事 山根  明


■友好クラブ

 村上RC 第2560地区

 (新潟県村上市)

■姉妹クラブ

 新泰RC 第3490地区

 (台湾・台北懸新荘市)

ロータリー文庫
◎「ロータリーの友」電子版サイト

会長

桐生南ロータリークラブ
2021〜22年度会長
坂田 晴彦

お問い合わせ

本年度の目標

今、私たちの取り巻く環境は、目まぐるしく変化しております。

コロナの影響で、日本及び世界的にも大打撃を受け、また、一年先送りになったオリンピックイヤーでもあり、そのような中で我々ロータリークラブに対する影響も例外ではなく、国内会員数も減少傾向にあり、第2840地区においても同様であり、当クラブも同じ状況であります。この状況の中、急務となるのが会員増強であります。

また、今年度は第2分区Aの幹事クラブとなり、4RCをまとめる重要な年度でもあります。それらを踏まえて、創立以来諸先輩方の伝統を受け継ぎ、大地に根差した大木のようにどっしりと構え穏やかな性格、しかしやるべき事はしっかりとやるという日本人気質を持った我クラブの文化を継承していきたいと思います。

この伝統あるクラブを今後も存続・運営させていくためには、会員全員が「桐生南ロータリークラブのロータリアン」という自覚と自負を持って、社会活動・奉仕活動を継続的に実践していかなければなりません。

会員数が少ない当クラブでは、少数精鋭で各種活動・事業等も全会員(オールフォアワン・ワンフォアオール)で取り組み、実感・体感してもらうことが大切だと考えます。

そのためには、足立ガバナーの地区運営方針にもあるように、ピンチはチャンスと捉え、ロータリー創設者ポールハリス氏の言葉「私のロータリー構想は、進化発展途上にあり、時には革命的でもありました」と様々な時代を超え世界や時代の変化を嫌わず、コロナ禍を嘆くのではなく果敢に挑戦する勇気と決断力を持って前例に捉われず、ニュー・ノーマルをロータリーに導入し、奉仕の理念を実践する新たな覚悟が必要になると思います。

各種委員会や趣味の部会を定期的に開催し、情報・アイデアを共有することで、更なる飛躍に繋がる原動力となるよう積極的な交流を推進していきたいと思います。

結びに、本年度RIシェカール・メータ会長の掲げたテーマ「奉仕しょうみんなの人生を豊かにするために」また、地区スローガン「奉仕の理念を掲げ、新たな旅に出よう」この旗印のもと、今の社会環境にあった運営・行動・会則等の見直しも含め、魅力ある元気なクラブを目指し取り組んで参りたいと思います。

重要項目として
(1) 早期メンバー40名体制実現に向けて会員増強の推進・実行
(2) 各委員会の定期的開催の推進
(3) 例会参加促進のための全メンバーの卓話実施
(4) 未来の夢計画の計画と実行
(5) 幹事クラブとして他クラブとの合同例会の実施
(6) 女性会員増加を目的とした対策と実行

最近の主な活動
子供用遊具ウォールプレイを寄贈     樹徳高校インターアクトクラブへ募金箱寄贈   
 
創立55周年記念事業として
子供用遊具ウォールプレイを寄贈

「子供たちにとって、壁をもっと楽しいあそび場に・・・」の思いで、桐生市社会福祉会館3階のキノピーランドに、子供の目の高さで遊具を設置しました。空間全体が自由なあそび場に早変わり。(21年3月)
    樹徳高校インターアクトクラブへ
募金箱寄贈

ロータリー財団地区補助金プロジェクト・未来の夢計画事業に伴い、クラブとしても例年12月に参加している樹徳高校インターアクトクラブの歳末募金活動の支援として、募金箱を寄贈。(20年12月)
      
 
未来の夢計画活動事業     観察を通じて身近な環境を知ろう!   
 
未来の夢計画活動事業
広沢町5丁目の夏保沢河川のフィールドワークとして現地清掃と水生昆虫の生息状態の調査を実施。(19年8月)
    観察を通じて身近な環境を知ろう!
令和元年度の未来の夢計画事業の一環として、ぐんま昆虫の森・茶珍護博士を迎えて樹徳高校理科部の生徒と、広沢小学校児童たちの昆虫採取や幼虫・昆虫・水生昆虫の特性等を分かりやすく説明していただきました。(19年7月)
      
 
桐生が岡動物園 野外卓・ベンチ寄贈事業     桐生市吾妻公園にチューリップ球根を寄贈・植栽事業   
 
桐生が岡動物園 野外卓・ベンチ
寄贈事業

以前より実施している奉仕活動「未来の夢計画」の一環として、製作は桐生工業高校建設課のメンバーにお願いをして、フラミンゴ広場にテーブルとベンチを設置しました。(18年12月)
    桐生市吾妻公園にチューリップ
球根を寄贈・植栽事業

奉仕活動『未来の夢計画』の一環として、吾妻公園花壇の作成およびチューリップの植栽事業を実施。当日は桐生市の都市整備部の関係者、樹徳高校IAや幼稚園の園児にも植栽をお手伝いいただきました。(17年11月)
  
 
未来の夢・市民ふれあい音楽会を開催     東日本大震災“絵手紙の絆ベンチ”を寄贈!   
 
未来の夢・市民ふれあい音楽会を開催
「未来の夢計画」の奉仕活動の一環として、公募による市民参加型の音楽会を開催いたしました。地元音楽愛好者の方々に出演公募し、演奏場所をご用意して、身近な音楽を通して、出演者同士の友好的な交流促進と、ご来場の皆様とのふれあいと音楽の啓発に繋がればと企画致しました。(16年10月)
    東日本大震災“絵手紙の絆ベンチ”を寄贈!
未来の夢計画「絵手紙の絆ベンチ寄贈」に伴う作品を「元気」「勇気」などをテーマに絵手紙を募集し市内にて絵手紙展を開催。その後、応募された350点程の作品の中から10点を選び、タイル画にして木製ベンチに貼付け、いわき観光まちづくりビューローに2台寄贈し、いわき市石炭・化石館「ほるる」の交流スペースに設置致しました。(15年10月)
  
 
創立50周年記念事業として桐生市市民文化会館に温水洗浄便座を寄贈!     桐生中央公園早朝清掃   
 
創立50周年記念事業として桐生市市民文化会館に温水洗浄便座を寄贈!
当クラブは1965年10月15日に創立し、2015年に50周年を迎えました。1907年世界初のシカゴRCが初の社会奉仕プロジェクトとして市内に公衆トイレを設置した事にちなみ、当クラブの50周年の節目に地域のトイレ環境の充実を図るため寄贈しました。(16年1月)
    桐生中央公園早朝清掃
毎年11・12月に樹徳高校の生徒と、市民の憩いの場でもある中央公園の早朝清掃を実施しております。散歩や通勤、通学の人が行き交う中、日増しに寒さを感じる季節ですが、クラブの奉仕活動の恒例行事として行っております。
  
 
 
桐生南RC杯ミニバスケット・少年サッカー大会     「歳末募金活動」   
 
桐生南RC杯ミニバスケット・少年サッカー大会
この事業は桐生中央RCが長年続けてきた青少年の健全育成の為の事業です。合併後も冠の名称を変えて引き継ぎ、今年度も実施に向けて計画しております。
    歳末募金活動への協力
毎年12月に行われている樹徳高校インターアクトクラブの募金活動に参加し、寒い季節ですが生徒と共に募金を呼びかけて、多数の市民の方にご協力いただいております。
  
 

■わたらせプロバスクラブについて

 桐生南ロ−タリークラブがスポンサークラブとして1997年に創立しました。
まさにプロフェショナルとビジネスを経験した優れたメンバーに恵まれ今日を迎え、今年度は25年目になります。
 奉仕活動を中心に会員増強にも力を入れています。
桐生南RCのインターアクトクラブ(樹徳高校)と共に誇れるクラブです。